このページの最終更新
 2010/02/19
k
だっぺ屋サイト↓
Paint.NET公式サイト↓
マニュアルメニュー TOP 機能と使い方 プラグイン レタッチ例 効果使用例 ギャラリー
氷のオブジェ(v3.5.3で作成 )


氷のオブジェを作ってみましょう。
素材は、足成さんから松本城をおかりしました。


レイヤコピーして、コピーレイヤで作業をします。(オリジナルはいつも残す癖を付けましょう)
下記プラグインが必要です。
Displacement and Alpha mask
1.お城の切り取り
空とお城のコントラストがはっきりしているので、魔法の杖で簡単に選択できると思います。
細かいところは消しゴムで消します。
切り取りができたら、一度切り取ったところを、魔法の杖で選択し、「delete」キーで削除してください。

一見無駄な操作ですが、消しゴムではアルファを0にするだけで、データーが残っているので、次のエンボスで都合が悪いんです。
意味が分からない人は、とにかくそういうものだととりあえず思ってください。
作業が終わったら、レイヤをコピーします。
2.エンボス
コピーしたレイヤに効果の「様式」「エンボス」をかけます。
線がくっきりでるように角度を決めます。
45度で良いと思います。
凸凹の感じはどうでもよく、とにかく線がはっきり出れば良いです。

気に入ったら、これを平面化して、画像としてpng 保存します。
保存が終わったら、編集「取り消し」で、元のレイヤ構造に戻します。
慣れた人は、ご存じ、ctrl+Zですね。
3.雲に置き換えフィルタをかけて雲の城を造る

新しくレイヤ4を作ります。
効果の「レンダー」「雲」をかけます。設定はデフォルトのままでいいです。次に、置き換えフィルタ「Displacement and Alpha mask 」をかけます。

呼び出すファイルは、先ほど保存したエンボス画像です。
「Displacement on?」にチェックし、xとyの値を変えていきます。
それぞれ、30ぐらいでいいと思います。

こんな、感じに成るはずです。

4.城を切り取る
最初に城の背景を削除した「背景のコピー」レイヤ(下から二つ目)を選択し透明部分を魔法の杖で選択します。
レイヤー4を選択し、不要な雲を削除します。
レイヤ4の下にレイヤ5を作り、黒で塗りつぶします。

もう、氷の感じができてます。


5.コントラストを高め、質感を出す

コントラストを高くすると、さらに氷らしくなります。白飛びが少しでるぐらいが良いと思います。
これで完成です。

後は色を付けたり、背景画像を工夫したりして作品にしてください。

素材によっては、氷というよりクリスタルと言っても良い場合があります。あなたがこれはクリスタルだと、言えばそれが滝川クリスタル

うっ・・・・氷だけに、すべったか?(汗)

inserted by FC2 system